本日はSeedセミナーという勉強会に参加しました。

午前中のテーマは触るという、私達のごく当たり前にしていることをもっと掘り下げて様々な触り方を学ぶというものでした。

中でも「嬉しい」という感情をイメージして、触ったり、「悲しい」や「怒り」などの感情をイメージして触ると同じ触り方でもかなり違って感じました。

これは以前、参加した勉強会の講師の先生もおっしゃっていて、私達が日々、実践していることを改めて再認識しました。

午後はボディトークという徒手療法を学びました。

この徒手療法は人の身体と心の繋がりを理解して、アプローチするという徒手療法です。

東洋医学でも身体と心は繋がっているという考え方をします。

元々は東洋医学から派生した徒手療法らしく、似た部分もあるし、また違った角度から見る徒手療法なのでとても勉強になりました。

私はこの仕事が好きです。

いつも「楽しい」や「嬉しい」といった感情や、辛い症状でお悩みの患者様を少しでも楽にしたいという思いを持って施術をしております。

いつも患者様のおかげで楽しく仕事ができていて、この楽しい時間も患者様が提供してくれています。

「患者様のお時間を頂いています。患者様への感謝の気持ちを忘れないで下さい」と講師の先生がおっしゃいました。

その通りです。

主役は患者様で、私達は影の存在です。

少しでも不調なく有意義なお時間を過ごして頂きたいという思いを持って明日からもお一人お一人、丁寧に施術致します。

最後までお読みくださりありがとうございます。